Nokia 808 Pure View

Nokiaがやらかしてくれました。いや、やってくれました!!

今バルセロナで開催されているMobile World Congress(MWC)での
Nokiaのプレスイベントで発表されたNokiaの新機種のひとつです。

『Nokia 808 Pure View』

ね。わかった?
大事なことだからもう一回いうよ。

『Nokia 808 Pure View』

『Nokia 808 Pure View』

あら3回も言っちゃった( ´艸`)

ふふふ。

これ

画像


そう、この俺がこの神出鬼没というか、超気まぐれ更新というか、
いや絶賛放置キャンペーン展開中のこのBlogをいきなり更新する
気になったのか?

それはもちろん、
その動機に十分なりうるだけの魅力と破壊力がこの
808にはあると俺が判断したからなのである!


うーんエラソウだ(爆

細かいスペックはこれからいろんなところに出てくるでしょうし、
いわゆる業界視点でのレポートなどは俺なんぞが書かなくてももっともっと
有益で見事な記事を書いてくれる諸先輩方がいらっしゃるので割愛する。

え?めんどくさいんだろ?

はい。(゚O゚)\(- -;

で。

俺的にポイントだと思う点だけ挙げておく。
それは2点。

■Windows PhoneではなくSymbian Belle端末である点

■カメラがなななななんと!4100万画素!!41メガピクセルですよ奥さん!もちろんCarl Zeissレンズ搭載


まず、WPではなくSymbian端末として登場したという点に関しては、
WPは必要なハードウェア要件などの制約がまだ多いために、
ちょっとズレたりwトガッタりした端末を作ろうと思うと、WPでは難しく、
その点、昔から開発を行ってきてノウハウをもつ
Symbianで出して来たのでは?
なんて思っている。勝手な予想ですが。
どうなんでしょうね?

そしてこのカメラ!!
いやーもうこれヤバいでしょ?
そりゃ今更スペックだけのカメラなんて誰も騙されませんよ。
ドコとは言いませんが、有効画素数だけ見事だけど撮ってみたら
投げつけたくなるような悲しいのとか、ありますもんね。
まだ実際に使ったわけではないので言い切るのはもちろん危険なのは
承知だけど、このパンチ力はスゴイと思うわけです。

この2点だけで、Nokia好きなファンは『買い!』という判断を下しても
いいんじゃないかと、勝手に絶賛しておるわけです。


さて。
今日久々にこのBlogを更新したのには、それだけの魅力があるからだと
冒頭で言いましたが、その本当に理由をまだ書いてません。
みなさんも、ん。それで?と思ってることでしょう。(知らないけど。笑)


そうなのです。
今回、俺がBlogをいきなり久々に更新するだけの気になった最大の理由、
今から書きます。

それは、

『808はイケイケ絶好調時代のNokiaの匂いがプンプンする』

のです!(`・ω・´)キリッ


■ちょっと意外?とも思えるタイミングで発表してきたこと
■WPでなくあえてSymbianで出してきた点
■いきなり度肝を抜く目玉スペックを持ったハードウェア

そんなところがそう思わせているんじゃないかと、これまた自分で
勝手に思っているのですが、特に最後の点、そこが、全盛期の
Nokiaのやり方を彷彿とさせる、そんな匂いがするのです。

あくまで素人視点な話であることを承知で言うけど、
なんかこう、他社の動向とか関係なく、いきなりどーん!と『おお!』
っていう一見過激、過剰にも思えるものを出してくる。
絶好調時代のNokiaにはそんなワクワク感があった、俺はそう思ってます。

そう、最近のNokiaは、まぁ状況的に仕方ないことだけど、
いわゆる『ライバルを横目でチラチラ見ながら』
端末を作ってきた、
そんな気がしていたのです。
フルタッチスマートフォン全盛期になって出遅れて以降、
追いつくためには仕方ないことではあるけども、
アイツがこうしたから俺はこうしよう、的な。
それはそれでいいのだけど・・・

でも絶頂期のNokia、そんな感じだったでしょうか?
Nokiaを見守ってきたヒトならわかるかと思います。
全盛期のNokiaは市場のトレンドとか売れ線を見て端末作りを
するのではなく、自らが提案したいと思うコンセプトを
なりふり構わず世にどーん!と出して来た。
そして気がついたらトレンドリーダーになっている、
それがNokiaの王道だったと、俺は思っています。

その、そのNokiaのやり方が戻ってきた!
あくまで素人視点ではあるけど、そう感じて仕方ないのです。


日本で行われたNokiaイベントとして、N97以降は
日陰に落ちてしまったNokiaになんとか盛り返してもらいたいという
ファンやユーザーの願いも込めて、CBNJ(ComeBack Nokia JAPAN)
というタイトルでイベントが行われました。

第一回の目玉端末はやはり12MPカメラをもつN8でした。
今でも下手なコンデジを凌ぐと評価される素晴らしいカメラ端末でした。

そして昨年秋の第2回。そこではNokiaがQT Phoneとよぶ、MeeGo OSを
搭載し、エレガントなUIで『スペックよりも気持ちのいいUI』という
新たな価値観を提案するN9が目玉端末になりました。

どちらも素晴らしいNokiaらしい端末で、俺も両方所有して気に入って使っています。
でもこの2台も、絶頂期のNokiaを彷彿とさせるものであったか?
と訊かれた場合、
俺はファン心理としてYes!といいたかったけど、本心としては、
『まだ、何かが違う』
だったのです。

それが今回の808は、久しぶりに、本当に久々に、そのワクワク、ゾクゾク
する感覚を味わったのです。

正直、808がどれだけ売れるのか、わかりません。
Symbianですから、まぁ、数だけで勝敗を語るなら、まぁそれほどの数は
売れないかもしれません。
いやそんなに売れないでしょう(爆

でも、何度も言いますが、この久々に感じた、
絶頂期以来のゾクゾク感、
これにNokiaの将来に一筋の、しかもしっかりと明るさを持った光を、
俺はこの眼で見た、そんな気がしています。

みんな買おうねっ!


あー朝からBlogとか疲れた。(゚O゚)\(- -;

ってか、初めてBlogタイトルにふさわしい記事を書いた気がする・・・

迷子になりたい

ん?何を言い出すんだこいつは?頭おかしいんじゃないのか?
などと思わないで欲しい。
おかしいのは元々ですから(爆)

んで本題である。
突然だが、僕は迷子になった経験がない。

んじゃ、一人でどっかに出かけたりしないかといえばとんでもない。
一人でどっかへフラフラと出かけてしまうのはしょっちゅうだ。

でも、不思議と迷子になったことがないのだ。

なぜだろうか・・・?

そりゃあ、車で走ってて、一瞬次に進む道や自分が今いる場所がわからなくなることはある。
でもそれだってなんとなく勘を頼りに角を曲がったりしてるうちにものの10分も経たずに知ってる道に出てしまったりして
非常に遺憾である(爆)

そう、ここまで来ると迷子になってみたい!
そんな欲望が頭をもたげてくる 笑

そもそも僕が迷わない原因はなんなんだ?

考え方なのかな?
たとえば、昔(10年も前だ)初めてタイのバンコクに行った時
バスを乗り間違えてわけ分からん場所に来てしまったことがあった。
ちなみに当時はまだノンエアコンバスが2.5B(青バス)と3.5B(赤バス)の2種類走っていて、あと例の緑のミニバスも2.Bで走っていた。BTSも当然なかった。渋滞は最高潮にひどく、僕が経験した最悪な渋滞は、ドンムアン空港からカオサンまで、なんと5時間半かかったこともあった!そんな時代。
んで。知らないトコに来てしまったわけだが、ここで途方に暮れちゃう人もいるのだろうが、そんなときに限って僕は案外冷静で、『今乗ってきたバスと同じバスの逆方向に乗りゃまた元に戻れるじゃん』といたって普通で面白くないのである。

昔一時流行った大迷路にも行ったさ。
そりゃあ迷ったけど、でも5人くらいで出かけて、大体1~2番目に出てきてしまって退屈だ(笑)
大体迷路って、たとえば『Y』の字のように真っ二つに分かれてる場合はホントに二つに一つで悩むが、どっちかが直進(または直進気味)でもう一方が曲がってる場合、2つを比べて直進に近いほうの道を選べば大体当たってるのである。

だから僕は迷子ちゃんを助けてあげるのは得意かも。
でもその一方で、『いいなあお前、迷子になって。なりたくてなれないやつもいるんだぞ』と声に出さずに思ってるので
迷子の子供から見たら謎なお兄さんである(爆)

迷子が得意な人いませんか?爆
僕の迷子推進運動にご協力ください。

夢心地マイラブ

俺は結構、普段寝ているとき夢を見るほうである、と思う。
思う、としかいえないのは、人と比べたことがないからである。

そういうわけで、というかどういうわけかわからないが今日は夢の話である。
夢とは実に不思議なもので、フィクションとノンフィクションの混合比率が実に絶妙に出来ており、
非常に楽しい。
死んだらピラミッドの墓に入り(切望である)、
そして生まれ変わって夢の脚本家になろうと固く心に誓うことは決してなかったのである。
あるわけないのである。

なんだか修復不可能な脱線の仕方をしているようなのでここは強引に話題を戻すが、
俺は発作的にふと思い立って、ゆうべ見た夢を書き留めてみたのである。
その内容を紹介してみたい。



俺は地下道をある知人(誰かは失念。知らない人だった)と歩いている。
しばらく歩いていくと地上への出口が見えてきた。
そこには『ASOK』と書かれている(実在する地名)。ここはタイ、バンコクのようだ。
その出口から地上に出ようとすると、そこには長い長いエスカレーターがあった。それに乗る。
良く見るとさっき知らない人と思っていた同行者がタイ人の友達(実在)であることに気づく。
すると突然、長い昇りだったはずのエスカレーターが何故か45度くらいの急角度で下りになっている。
下まで降りきると同行していたタイ人はいつの間にかいなくなっており、
後ろから降りてくる人たちはみんな大きなバックパックを背負っている。
5メートルほど前をいつの間にか知人が歩いている。彼もバックパックを背負っている。
歩きながらバックパッカーたちと会話。
その人はアパレル関係をしているとのことであった。
そして俺の職業を訊かれたので人材派遣業であると答えたら、
もっと話が聞きたいからこっちに来てほしいといわれ、歩いていくと彼が働いてる会社があった。
そこは先ほどのエスカレーターの降り口から突き当りを右折し、
鉄板で出来た通路を歩き、反対側へ渡ったところにあった。
なぜかその会社のドアの前で立ち話を始める。
一通り話を終え、俺は帰ろうと思った。
俺はトイレに行ってから帰ろうと思い、会社を一旦出てトイレに向かって歩き出す。
通路を挟んだ向こう側には元カノに良く似た女の子が青いジャージの上下を着て、
床にアグラをかいてタバコを吸っている。
トイレに向かって歩きながら、背中に気配を感じた。
良く見ると全長10センチにも満たない猫が背中入り込んでいて、俺はそっとその猫を逃がしてやった。



ここで目が覚めたのである。

書いてみて思ったが、ちっとも面白くないのである。




好評連載【今日のマーフィー】

■通勤電車の法則
・座った席で隣の人が寝ているとき、その人がかわいい女の子の場合、その人は向こう側にもたれかかる。
・おっさんの場合、こちら側にもたれかかってくる。

これには後日談ならぬ前日談があり、これと似たことを俺は高校時代にも考察している。それを書いて終わりにしたい。

■通勤電車内の座った女の子に関する考察
ミニスカートの子がいると思って対面に座ると、それはキュロットスカートである。



夢の話といい、全くどうでもいい話題のようにも思う・・・。

のちあ。

はい、半年振りの更新ですm(__)m

よくみんなが言う言い訳をちゃんと言っとくとね、Twitterやっちゃうとこっちに書くネタがなくってね。

はい、ごめんなさい。


さて、まぁそんなわけで2010年もあと数時間で終わるわけですが、
その瞬間に天変地異が起こるわけでもあるまいし、
それがどうした、ってなもんなんだけど、そんなこと言っちゃいけないような気が
しなくもないので、まぁありきたりでつまんないけど、2010年を総括してみようじゃないのよ、
と筆を執ったのっち、いやワタクシであるわけでございます。

のっち、そう、のっち。

大事なことなのでもう一回言う。

のっち。

のっち。

聞こえない?

の っ ち

以上。

ではみなさんよいお年を!

・・・いい加減にしないと殴られそうなのでちゃんと最後まで書きましょうかね。


■まず、今年結局タイに行けなかった。

これはかなり残念。
諸事情ありまして、なかなか日本を離れることができませんでした。

そうでなくてもどっちかってと日本にあまりいたくない、っつか日本の風潮に違和感
感じながら生きてるタイプとしては、なかなか苦しいものがありました。

まぁ願いが叶わなかったってのは一言で言っちゃえば誰のせいでもなく
自分のせいなので、結局努力が足らんかったってことです。

タイは昔住んでいたこともあって、バンコクなんてもうホンマに第2の故郷だと
本気で思ってるくらい思い入れのある街。

今、年末年始で実家に帰省する人も多いなか、
東京生まれ東京育ちのオイラにとって、いわゆる
『田舎に帰る』っていう感覚、故郷という感覚が実感として乏しいんですね。

それってなんかちょっと悲しいことだなって思って、
そんな中で自分にとって故郷と思えるような土地はあるのか?
と考えたとき、ふっと自然に真っ先に浮かんできたのは、
生まれ育った土地、ここ東京ではなく、
タイのバンコクだった、
と、まぁこういうわけでして。てへ。

来年こそは再訪したいと思います。


■今年もNokia買うたなぁ

ってまぁ、何を今更、とか突っ込まないでくださいね。

まぁこれは一記事でまとめるには長すぎるので、実はちょっと
来年からやったろうかとあたためている(やるとは断言してない。キリッ)ネタと
絡めて今後じっくり書いていこうと思ってますが、
今年、ってことで言うなら、やっぱり

N97mini
N8

しかも比較的発売してすぐに購入したというのが個人的には大きい。
いつも発売されて、おおかたのマニアが買い終えて、
評価が確定してから買うことが多かったんですよオイラ。

いや、それって確信犯でやってたんじゃなくて(そういう例もあるけども。笑)、
発売されて話題になってた時期に忙しくて情報追ってなくて出遅れとか、
すぐ買いたかったけど、そんんときたまたまガジェット予算が・・・なんて
ことが多かったのだ。

ところがこの2台は比較的発売すぐに購入したのですよ、ええ。


N8はそれこそ香港でちょっとだけ世界に先駆けて発売したのを
香港在住のNokia博士のおかげでゲットすることができまして・・・

はい、ここで、だったらすぐ記事書けよ、という突っ込みはしてはいけません。
今は大事なときなのでそっとそっと見守ることが必要である。

N8はね、ホンマにもうホッとしましたよ。
もはや死んだNokiaだのなんだの言われてて、Nokia大好きなオイラは
そりゃもう悲しい想いをしていたわけです。

なんたってカメラが最強!(そこかい!!
いやでもホンマにすごいねんで!
12MPなんてガラケーでもあるけど、PCに移して見てみれば、同じ画素数の写真を
比べてるとは思えないほどの差がある。
プロのカメラマンをして『下手なコンデジを凌駕してる』といわしめた
N8のカメラ、すんごいれす。

TwitterではMobyPictureに何枚もN8で撮影した画像がありますので、
よかったら観てくださいね。

http://www.mobypicture.com/user/Yuki_nokia_bkk/list


のっち

はい、これはもう説明不要ですね。
ってか聞きたくないでしょ?(笑)

まぁ異存もあろうがそういうことで今日はのっちの話題は終わりである。


Twitterを始めてすごくネットワークが広がったこと。

おかげでBlogを更に放置することになったわけですけども。

ともかく、Blogは読ませていただいてるけども面識ない方とか、
面識あったけどご無沙汰してた方とか、そういう人ともTwitterで再会というか
やりとりをするようになったり。
実際にお会いしてみたいと思ってた方ともTwitterで打ち解けてから実際に
お会いすることが出来たりとか、
人とをつなぐツールとしてはすごく僕にとって大きな存在になった。

まさにConnecting People!
どっかの会社のアレみたいですね。


とまぁそういうわけで半年ぶりで2010ラストを飾るBlogはこれでおしまいである。

最後くらいはマジメに挨拶しましょうかね。

今年一年、僕に関わってくれた方全員に、心からお礼を言わせてください。
本当にありがとうございました。
よくぞアホに付き合ってくださいました。
来年もさらなるアホになりますので、どうかよろしくお願いします。

ではみなさん、よいお年を^^

のっち(ぉ

違うんでしゅよ

ものすごい久しぶりでございますw

っつか俺がBlogやってたこと知らなかった人のほうが多いんでは?w
というくらい放置してましたが、急に気が向いたので唐突に書いてみました。

とゆーわけで。
連日暑い日が続いておりまんなぁ。

Twitterでも暑い暑いというつぶやきが多い多いw

で、どこで何度を記録しただのってニュースになっておるとな。

でもね、なんかそれちょっと違和感あるのですょ。
っつーお話でやんす。



今日の東京は何度だっけ?
(←何度かなんて全く意識してないのでw

35度とかあるんかな?
んじゃ今日のバンコクは何度でしょう?
たぶん30度くらいじゃね?
雨季だし。(雨季は若干気温下がる)

あとね、南国って最高気温って案外たいしたことないのよね。

・赤道直下な南国だと一年中気温だいたい30度前後。雨は季節変動若干ある場合アリ。

・タイとかの亜熱帯だと、季節がある。まずここを知らん人が多いのがビックリ。
季節は3季。雨季と乾季だけじゃないのよ。暑季ってのがあんにょw

タイを例に取れば、11月くらい~2月くらいが乾季。雨はほとんど降らない。後半はちょっと降るけどね。バンコクは海に近いから日較差が少ないけど最高30度、最低20度くらい。比較的湿度が低めで旅行シーズンだよね。

んで3月~4月が暑季。ここが一番暑い。最低30度、最高35~6度とかかな。それでもそんなもんですw

で雨季。5月~10月。気温は最低27度、最高33度とかそのくらい。湿度は高い。
ついでに言うと雨季も雨の降り方が変わっていくのよん。
5~7月くらいは日本人がイメージする南国の雨季に一番近いかな。
ずっと晴れてて暑くて、んで夕方にスコールがどかーん!みたいなw
で、8月に入るとスコールの時間が一定しなくなってくる。夜中に降ってみたり振らない日があったり、いきなり朝降ってきたりとか。
9月後半とかになって気づくと、雨が降ってなくても曇りの日が多いことに気づく。んで日本みたくシトシト雨が降り続いたりもする。
で10月が雨季のラストスパート。土砂降り3日間グランプリとかw
ちょっとした洪水とかは大体この時期に発生するのん。
で11月になってパタッと雨がやんで、急に空が高くなったような日がくる。それが雨季明けの合図。
そうなるとしばらく一滴の雨も降らなくなったりする。
一口に雨季っつっても、こんだけ違うのれすw

雨季ネタが長くなっちゃったが、言いたかったのは気温である(ぉぃw
早い話が、熱帯=気温がものすごいことに、というもんじゃ必ずしもないんだよーって言いたいのだw

もちろん40度を越える気温になる地域もある。
一番しんどいのはドバイとかじゃないかな。
湿度が高くて40度越えたりするので一番地獄かとw

俺が体験した最高気温はインドのバラナシで52度ってやつかな。
湿度は低めだったので体感気温は思ったほどじゃなかったけど。
でもすごかったのが、おしっこが出ないのさ!!
なぜなら全部汗で出ちゃうから。
水分補給しないと冗談抜きで死にますw
あとね、汗もかいてるけどその場で蒸発するから気づかなかったりも。
シャワー浴びようとホテルで裸んなったら全身白くなってて驚いた記憶があるぞw

そういうわけで、暑い夏ですが、気温がどうこうとか、もういいじゃんYO!ってことですよ。
そんな気温を数字で気にするから暑いねん!


あとね、どこどこで何度を記録したとか、ああいう話も聞き飽きたw
数字にこだわってなんになる?と。

ちょっと話題がそれますが、おいらは辛い料理が好きなのですが、
日本で辛い料理とか激辛料理ってほとんど食べないです。

なぜか?

まずいから(爆

その数字にこだわるのと同じなのか、っつかそれでこの話を唐突に思い出したんだけどw、なんかね

日本の(激)辛料理って、味わい無視なんだもん。
辛さというものを味の要素として捉えて料理の味を調えるのではなく、
お前はこの辛さに耐えられるか?的なゲーム感覚っつーか、
そういうのを感じるの。
味のバランスなんか考えちゃいない。

だからタイ料理好きで辛いものが好きって言うと激辛ラーメンとか好きでしょ?とか言われるけど、ハッキリ言ってキライですw

あともういっこ。
何がキライ、不味いとかいうと、絶対に、
『それはお前が本物を食べた経験がないからだ』
って言う人が出てくる。

これは納得しがたい。

そりゃ味覚に優れた人はいるし、そういう人のほうがうまい料理をきっと食べてるだろうし、そういう人と食事に行くとホントに旨い店だったりする。そういう知人も居るので経験もしてる。

でもね、味つっか味覚なんて絶対的なもんじゃないと思うのれす。

だいたい本物、って何さ?って。

まあそういうことで、久々に日記書いてみました。

ばいばーい

グルメは俺ではない

じゃなかった、俺はグルメではない。

そう、俺は決してグルメなどではない。
料理を口に入れた瞬間に素材や使われた調味料を言い当てるなどもってのほか、陳健一の娘と結婚したって無理だろう。
わかるのは、それが食べ物であるということと、うまいかまずいか、それだけである。なんという輝かしい才能だろうか。

だいたい、グルメなんて人をバカにしてるのである。
グルメグルメというが、早い話が食事である。食事とはすなわち栄養補給であり、食わなきゃ死ぬのである。つまりグルメとは死との戦いであり、娯楽なんかではないのである。
死にたくないから食ってんのに、研究とか一流ナントカだとかグルメ旅行とか、ふざけてはいけない。特にグルメ旅行なんて、旅に出てまで死と戦うとは一体どういう了見か。

まあ異存もあろうがそういうことをつらつらと考えていたら夕飯の時間になった。どうやら今日はトンカツのようだ。
そう、今日のテーマはこれだ!
『トンカツ』
キタ━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!

というか、久々にトンカツ食ったらうまかったという話である。
トンカツといって思い出すのは、大阪は梅田にある、『豚晴』というトンカツ屋である。
実は言うと、俺はトンカツが好きではない。だいたいコロッケとかカツとかああいう揚げ物が脂っこくて好きではないのだ。
ところが、ここの豚晴のトンカツは、肉もとても柔らかく、油がしつこくなく、また衣もすごくアッサリしており、とにかくうまい。
とにかく、豚晴のトンカツは何がどうあれ、誰がなんと言おうと、とにもかくにも大噴火的にうまいのである。

ここで、グルメな人が言うなら信用できるがお前が言うんだと怪しい、とお思いの方に一言言っておきたい。
グルメな人は、常にうまいものを求めて食べ歩いており、とても舌が肥えている。でも常にそれを追い求めているため、本当にうまいものを食い続けてるか謎である。気づいたら土とか食ってうまいとか言ってるかもしれない。加えて、グルメな人は食べ物が好きである。だからどうしたって食べ物に対して評価が甘い、食べ物の見方をするのである。
そこへいくとグルメでない俺は騙されないのである。下が客観的に判断するのである。それにグルメな舌を持ってるわけではないので、うまいときに味を説明することはできないが、逆に本当にうまいものか、恐ろしくまずいかしか判断できない。したがってグルメでない俺がうまいと言い張るものは本当にうまいのだ。どうだ!

ところで、ここを読みながら、結局お前はグルメなのかそうでないのかどっちなんだ?とお思いの方もあろうが、そんなことを考えてるヒマがあったら豚晴のヒレカツが食べたい、それだけである。

TwitterとBlogとNokia E71

なんかまたずいぶんと間が空いてしまった。

今年になってやっと、遅ればせながらTwitterデビューしたのだが、Twitterでつぶやくのが面白くなってくると
Blogに何書いていいのかわからなくなるもんで、せっかく復活Blogと意気込んだくせにこのザマなわけだ。

考えてみたんだけど、Twitterである程度コミュニケーションが取れてしまったり、情報収集できちゃったり、
はたまた言いたい事あらかたつぶやいてしまうと、Blogの存在価値がわかんなくなるのは事実で。

しかも愛機Nokia E71にTwitterアプリのGravityを入れちゃったもんだから、どこでもつぶやき見れるしNokia弄って幸せだったりでこりゃまたどーしたもんか。
またE71が横長画面なので見やすいというおまけつき。もうどーしてくれようかと。

雑談とつぶやきはTwitterで、まとめをBlogでってのが理想的なのだが、これまたうまくいかない。
Twitterにばかり時間を割いてしまうのだ。

ってかめんどくさいだけじゃないのかって言われたらそのとおりであるし、TwitterでつぶやいただけでBlogに書く
ネタに困るってことはつまり所詮その程度のネタしかBlogに書いてなかったってことでもあり、なんだか自分がアホに思えてきた今日この頃であり、そんなんどーでもいいからBlogタイトルにふさわしい記事を一回くらいは書けよとか思いつつ長々し夜をひとりかもねむ。

猫まっしぐら

Mobile関係の知人が今、15年ぶりにニューヨークを訪れているそうで、さっきTwitterでつぶやきあった。

ニューヨーク、俺はあの911があった半年前に偶然訪れており、先見の明がある俺
はちゃんとWTCのツインタワーに登っておいたのである。さすが俺である。

ってなことをふっと思い出していたら、もう2年近く前になるか、『世界まる見え・・・』
でこのネタを扱っていたことがあり、それを思い出し、Youtubeで落としたその
番組を懐かしく見てしまった。

元々俺はこの9.11にはCIAが一枚噛んでるんじゃないか、
怪しいぞ怪しいぞと思っていたらやっぱり怪しいようで、
色んな証言や映像からこのビル崩壊は、飛行機が突っ込んだことが原因ではなく、
数万人とも言われるあのビルで働く人々のオナラのガスが蓄積し、それに引火
したことによる爆発であると説いていた。

というのは真っ赤なウソである。
ようは爆破された疑いがあるというのだ。

元々、この航空機テロ自体、色んな疑惑が持ち上がっており、アメリカ政府の
陰謀説だとか、事前に情報をキャッチしていた可能性があるとか、
あのビルに勤務するユダヤ系社員が全員あの日に限って休暇を
取っていたという説など、聞いていてなかなか興味深い。
このテロで亡くなられた方には不謹慎な発言に聞こえるかもしれないが、
こういう類の話はめっぽう興味があるほうなので、もっと色んなスパイ小説も
真っ青な説が浮上することを楽しみにしている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%8C%E6%99%82%E5%A4%9A%E7%99%BA%E3%83%86%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AA%AC

http://www.wa3w.com/index.html


さて、ところで、今日の日記のタイトルである『猫まっしぐら』とこの9.11のネタと
どういう関連性があるのか、
果たして猫はWTCビルに向かって本当にまっしぐらに突き進んだのか、
気が気でない方もあろう。
そう、猫と9.11にはそんな関連があるのか?



ないのである。

タイトルはあくまで思い付きであり、この先何の関連性も発展もないのである。
ようはフェイントだ。
まいったか。

そういうわけで唐突だがこのエントリーは終わりである。

今の端末運用状況

やっとBlogタイトルにふさわしいネタを書く。

今持ってる回線の運用を見直そうというお話である。
ちなみに現在は、

■SBM3回線:  ①メイン回線(Vodafoen時代のプラン。音声メイン+携帯メール)
           ②サブ回線(仕事の受け専用+ばら撒き番号。8円回線)
          ③iPhone用回線(黒SIM。例のキャンペーンで2年縛り。パケット定額安い)
■Docomo1回線: ④完全に予備用(維持費980円/月)
■タイAISプリペイド1回線: ⑤タイ在住時代からずっとキープしてる番号。

となっている。
これを、

①のメイン回線をDocomoにMNP
②はそのまま(少なくとも8円期間は)
③も契約はそのままで、Nokiaで使用
④とりあえずそのまま?
⑤もちろんそのまま

というふうにしたいのである。

でもって、割り当てる端末。
これが(海外)携帯マニアの何よりの楽しみのひとつ(ですよね博士?笑)

今手元にある端末は、

■Nokia E71 (タイ語版フルブラック)
■iPhone3GS (SB版。脱獄&ごにょ済み)
■NM705i (Docomo版ホワイト。そのまんま)

言わなくてもマニアの方はわかると思うが、別にこれしか持ってないわけではない。
ただ、現状、使おうと思ってる端末をリストアップしただけである。

んでだ。
今思い描いてる理想の運用はこうだ。

☆DocomoにMNPし、Nokia8800Arteで完全無欠の音声メインとして運用。
 
☆既存のDocomo寝かせ回線をNokia E71に挿し、WEB&メール用に。

☆iPhoneはそのまま黒SIMでお遊びマシーン。

☆残りの回線はテキトーな端末にSIM入れておく。


ところが、これには問題がいくつかあるのである。
それは、

1、Nokia8800Arteそもそも持ってない。爆

2、E71でDocomoSIMでWEBって無理がある?

3、パケット定額2回線ぶん払うことになって無駄な気がする。

そこで、
E71にDocomoにMNPしたメイン音声SIMを挿して使うってのも考えたが、せっかくのQwertyキーボード端末が
完全無欠の音声端末になってしまうのもなんかもったいないそ。

というわけで、今考えてる修正案は以下のとおりである。

☆音声メイン回線はなにがなんでもNokia8800Arte買って、ソレで使う。コレやっぱ王道。
 (Nokia好きなら憧れるよね。)

☆Nokia E71にはiphoneの黒SIMを挿して、メール&WEBマシーンとする。
 (※後述)

☆iphoneはタイAISのSIM挿しといて、通信はWi-Fiのみで使う。どうせお遊び目的だからいいっしょ。
 (SBのサブSIM挿してもいいけどね)

以上である。

なんで今こうやって回線運用を見直したいかといえば、
電波状況その他色々あり、J-phone時代から使ってきたSoftbankだが、長い目でみたらDocomoのほうが
いいだろうという気がしてきたのだ。いまさらだけど。
早い話がSoftbankに愛想が尽きたってわけ。

そこでメインの番号をDocomoにMNPしようと企んでいるのだが、これがまたやっかいで、
ちなみにちょっと語っておくと、俺は長年使ってきたために、Vodafone時代のハッピーボーナスっつープランに入っていて、
こいつは2年縛りプランで毎年2ヶ月間基本料金無料の月があるうえに、基本料3500円で
無料通話3000円(150分ぶん)あるという結構そこそこお得なプラン。
ところがこれは日本キャリアお得意の縛りがあり、更新月以外に解約するとなんと10500円も解約料を取りやがる。
で、更新月は今年の12月11日~来年(2011年)1月10日まで、つまりほぼあと1年待たねばならんというのだ。
そしてさらにふざけてるのが、今年の1月11日から3月10日までが、上述の2ヶ月無料期間とこういうわけ。
更新月の翌月から2ヶ月無料期間を設定するあたりが、解約を踏みとどまらせようとする誘導尋問に思え、ますます
腹が立って、乗せられてたまるかと思うのだが、実際コレで解約踏みとどまって更新してしまう人が多いらしい。

でも俺は騙されないので、2月末になったらMNP予約番号を取って3月11日にDocomoにMNPしようと思ってる次第なのであった。


で、E71の運用に関して、問題点というか、解決せねばならん点があるのだが、長くなったしそれは後述することにする。
あーまじめに長文書くと疲れるー。笑

新年初メール

さて、そろそろここらで新年にちなんで、今年の抱負だの去年の反省(去年このBlogなかったので)だのを
書くべきなんだろうが、どうもへそ曲がりで天邪鬼な俺は素直にそういうことができん。
素敵である。

そこで、といってはなんだが、年が明けて最初に俺の携帯に届いたメールが
素敵だったのでソレを紹介しよう。


そこにはこう書かれていた。

『あけお・・・い、いてぇ、足つったぁ~(>_<)』




・・・・・・・・・
これだけである。

だいたい足がつった原因というのは相場が決まっている。
原因は、国際的に68%が筋肉疲労であり、32%はテレビのチャンネルを
足で変えようとしたことである。

言いたいことはそれだけだ。
そういうわけでこのエントリーは終わりである。

こんなBlogでいいんだろうか。

まずは

Happy New Year 2010

というわけで、どういうわけか久々にBlog復活させてみました。ここ新天地で。

俺なんかのむかしのBlogの残骸なんぞを見てみたいなんて方がいたらご一報を。
ファンの要望が多かったら紹介します、とかほざいたら怒られそうだけどとりあえず言うだけはタダだから言ってみたというか、書いてるうちにそんなもったいぶることちゃうがなとか思ったのでやっぱり素直に、ちょっと照れつつリンク載せときます。

73%イイ感じ



一応Blog紹介でもしときますかね。

以前のBlogを読んでくれてた奇特な方や、面識のある方はもうご存知かと思うので読み飛ばしてもらってもかまわないのだが、ようは興味あるネタに関して、あーだこーだ言ってみようじゃないか。
最近みんなやってるTwitterのように、思ったことをボソボソと何かつぶやいただけで世界中から情報が集まってくるこの時代。
こんなふざけたBlogでもちょっとぐらいは存在価値があるんじゃないか、なんてちょっと思ってみたりみなかったり。

興味あることとは、タイトルにあるBlog紹介文そのまんまといってよいかな。

■Ferrari(FerrariとクルマとF1。Forza Ferrari!!!)
■タイ(バンコクは第2の故郷である)
■Nokia(これ手に持ってないと落ち着きません)

とまあこういうわけで。

ぼちぼちやっていきませう。
どうかよろしくお願いしますでございます。



一年の計は元旦にありなんて言うもんだから元来飽きっぽい俺は元旦にBlog始めてやろうと意気込んでみたはいいものの、今日はもう2日じゃないか。
どうなっておるのか。俺の一年の計はもう破綻したのか?
ふざけてはいけない。
元旦がなんだってんだ。